RED-WING 魂

アクセスカウンタ

zoom RSS テニス業界

<<   作成日時 : 2017/02/13 23:25   >>

ナイス ブログ気持玉 27 / トラックバック 0 / コメント 0

思い出すな〜


本屋さんで、初めてテニスの雑誌を手にした時…。


ま、決して早くからテニスを始めたわけじゃないからさ、尚更刺激を受けたなぁ〜。


なんか海外のトップ選手のフォームが連続写真で載ってて、

『こうして打つっ!』

みたいな事や

『このグリップで打つっ!』

みたいな事が色々と書いてあって…



へぇ〜〜〜そうやって打ってみるといいんだぁ〜



なんて、思ったんだけど…




でも…



実は…



純粋に


『ラケットの真ん中に当てる方法』が知りたかっただけなのよ…。




なぜかフレームにばかりボールが当たり、なかなか上手く面に当たらなかったの…。


だから、純粋にラケットの真ん中に当てるための方法が知りたかった…。



なのに、



『このフォームで打てば、真ん中に当たるっ!』



なんて文字はテニス雑誌のどこを探しても一言も見当たらなかった…。



おかしいと思わない??


純粋に考えてみ??





連続写真の真似をしたところで『真ん中』に当たるの?


連続写真の真似をしたところで『狙った場所』に打てるの?




先輩や、顧問の先生にも聞いてみたよ…。





でもね、


『ボールをよく見るんだ!』

とか、

『頭を動かすな!』

とか…。





ボールなんてよ、最初っから黄色いんだし、目から血が出るくらい見とるわ💢


なんならもはや黄色いヒヨコ🐣にすら見えるわっ💢



あ?💢



頭を動かすなだと??


そもそも動いてるか動いてないかすらわかんねぇんだよ💢

このデブっ💢




『教える』とか、『伝える』ってのは目に見えないんだから…。


本当、この業界って紙一重だと思う。





真ん中に当てる為には道具を持っている手から当たる場所(スイートスポット)までの『距離感覚』が大切であって、そもそもその距離感覚がなければいくらやっても真ん中には当たらない…。


雑誌や上級者はあてにならん…。



だから、ラケットの『真ん中』を感じる為にずっと空いてるもう片方の手でラケットの真ん中をずっと触り続けてた。


眼を瞑りながらも触り続けてた。


それで距離感を学んだ。





次に、真ん中に当たらないのは、『面の向き』が理解できていないからだと思ったのよ。

この『面の向き』の理解の仕方も雑誌には載ってなかった…。


しかもさ、ラケットのグリップって良く見たら○角形なのね〜Ψ( ̄∇ ̄)Ψ



仕方ないから単純に適当にグリップを握り、適当なところでラケットの動きを止めて、眼を瞑り『その時のラケット面がどこを向いているか』を感じとる練習をしたんだよ…。


こんなことを繰り返し行っている事で『面の向き』を掴むことができたね〜。



雑誌で『覚え方』を教えてくれりゃ苦労しねぇのによ〜。


『スイヘーリーベーボクノフネー』みたいな科学のやつ(笑)






次に難しかったのが力加減…。


なんかものすごく飛びすぎて飛びすぎて…。


適切な力加減がなかなか掴めなかった。



この力の出力加減の調節方法…


これは考えたね〜。





野球でいったらバントとフルスイングみたいな差

ゴルフでいったらドライバーとパターの差

車の運転でいったら40キロのアクセルを踏む強さと120キロの時の差

火加減でいったら、弱火、中火、強火の差



そうっ!『グレーディング』ね。



これは、本当に反復練習しかなかったね。

今ですら日替わりな感覚だからね。

この不安定な感覚を『調子が良い、悪い』って言うんだろうね。

Ψ( ̄∇ ̄)Ψ




んで、最後に『バウンドの予測』ね。


スライスとかバウンドの後どうなるのかとか誰も教えてくれねぇし…雑誌にすら書いてねぇし💢

適切なストライクゾーンさえも記載してくれねぇのな〜





本当、でも、この4能力がまず大切だって事に身をもって学べた事は本当に大きかったなぁ〜。


逆に回転をかける って事は簡単にできたもんね。

面の向きも力加減も先に分かってたから。








業界では、


『上手い人の真似をする』

『フォームを意識する』


なんて根拠のない事が蔓延し、上達に必要な身に付けるべき『4つの感覚』を磨く邪魔をし続けた…。

おそらく、誰かの真似をして、フォームを意識して打ち続けるうちに本来必要とする4つのどこかの『能力』にリンクして、自ずとたまたま上達しただけの話なんだろうな…。



だってよ、雑誌の通りやってたら『伊達公子さん』のフォームなんて全否定に近いぜ?(笑)


んで、結果じゃあ、なんでこんなにフォームが十人十色なんだよ(笑)





『能力』『感覚』を磨くからこそ個人差が出てくるだけの話だろ。

それを外見的フォームなんぞでどう片付けられるんだい?


俺ごときが何を言おうが業界はかわんねぇだろうけどよ…




俺は伝え続けるぜ?


『本当の事』をな

Ψ( ̄∇ ̄)Ψ







前置きが長くなったな

(-。-)y-~






そんな本日は〜


画像



うへへへへへ♪


超絶おいしかったーーー♪







かーーーらーーーのーーー


軽めにサクッとトレーニングして〜



かーーーらーーーのーーー


はいっ!きたっ!



画像




これーーーまじ惜しかったの〜





距離感覚 : 芯だったので完璧〜❗

面の向き : バットは丸いからなしっ!(笑)

力加減 : 完璧😃✌

バウンドの予測 : テニスじゃねぇからバウンドしないし‼



これ、結果バットの面の向き的なコントロールが出来てないんだろうなぁ〜




明日こそっ!


明日こそっ!

(^o^)/

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 27
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
テニス業界 RED-WING 魂/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる